自彊術普及会の会長は誰?本部はどこ?評判は?

自彊術は、1916年に中井房五郎によって創案された健康体操。

特徴的な31の体の動かし方があり、治療法を土台としています。手技療法士である中井は、按摩、指圧、整体、カイロプラクティック、マッサージなどを融合させた療法で数多くの難病を治してきました。

自彊術は全身運動を利用し、はずみを用いてエネルギーを消費せずに健康を促進することを目的としています。また、自彊術普及会を通じて講習会や指導者養成が行われ、普及活動が続けられているようです。

自彊術普及会の会長は誰?

自彊術普及会の第4代目の会長は、久保穎子氏です。

久保穎子会長は、自彊術の普及と発展に深く貢献してきた人物です。40年前、まだ無名だった彼女は、自彊術の有効性を信じ、数多くの困難を乗り越えながら、この健康体操を広めてきました。

自彊術は医学的にも効果が認められている合理的な体操であり、その実践は、心身の調和と健康の維持向上に役立ちます。また、日本文化の継承と保存にも貢献しているようです。

久保穎子会長のもと、自彊術普及会は講習会や指導者養成を通じ、自彊術の普及促進に努めています。

彼女の指導により、自彊術は着実に広がりを見せており、久保穎子会長は、この健康体操を通じて社会貢献を目指していようです。その取り組みは、自彊術を実践する人々にとって大きな励みとなっているでしょう。

この記事では、自彊術普及会の会長や本部について詳しく解説します。自彊術の理念や活動内容についても深く理解することができるので、ぜひ最後までお読みください。

自彊術普及会の本部はどこ?

自彊術普及会は、1916年に中井房五郎によって創案された日本最初の健康体操「自彊術」の普及と促進を目的とした公益社団法人です。本部は東京都北区中里に位置し、自彊術の講習会や指導者養成、普及啓発活動を行っています。

自彊術は、31の体を動かす方法を特徴とし、治療法を基にした全身運動を通じて健康を促進します。中井房五郎は、按摩、指圧、整体、カイロプラクティック、マッサージ等の手技療法を組み合わせた治療で知られ、その手技に基づく自彊術体操を生み出しました。

自彊術普及会は、これらの体操を一般に広め、健康維持や増進に役立てるための様々なプログラムを提供。自彊術に関心がある人々に対して、体験講習会や指導者の養成コースなどを積極的に開催しているようです。

自彊術の評判について

昨日自彊術(じきょうじゅつ)と言う体操をやってきて、これがまた結構キツイ

自彊術の無料体験会に参加のため「おにクル」北信ホールへ。体験させていただき、一つひとつの体操の意味に納得。健康の維持のため、これから実践を決意。

自彊術も武術にも応用出来る自己按摩で日本古来で素晴らしいですよ

自彊術懐かしいです!以前通ってました〜家でもやってたんですがしっかりやると中々のハードです

全体的に戦前っぽい凛とした鍛錬的な動作で、まともにやると身体が壊れそうだったので10%くらいの出力にしておいた

きちんと型を教えてもらい実践すると、キツイけどめちゃくちゃ身体に良い体操だと改めて実感

自彊術は年寄りのラジオ体操版ですね。

自彊術古くてネット情報少ない

自彊術はやること多いから身につけるまでが大変だけど、お年寄り向けの体操だけあって関節に優しい

自彊術をやっているおかげで同年代よりも体力がよく、病気知らずです。

自彊術に対する評判は、体験者の間で幅広い意見が見られます。多くの人々が、自彊術を実践することの効果を実感しているようです。

一部の体験者は、体操が予想以上に厳しいものだったと述べていますが、その一方で、体に良い影響を感じているとも報告しています。

また、健康の維持や向上のために実践を続けることを決意した人もおり、自彊術が武術に応用できる自己按摩の技術を含んでいる点や、その古典的な魅力に触れる声もあるようです。さらに、高齢の利用者もいることから、年齢を問わず多くの人に支持されていることがうかがえます。

この体操は、適切に実践することで、健康に対する明確な効果を提供すると同時に、日本の伝統的な健康法への理解を深める機会を提供してくれるでしょう。実践者にとって、健康維持や向上のための有効な手段として位置づけられているようです。