リシャールミルはダサくない!7の理由と口コミ

リシャールミル

出典:リシャールミル

スポンサーリンク

リシャールミルはダサくない理由

①高級である

知らない人が見れば低価格でも売っているただの時計に見えるかもしれないが、実際は0.9%しかいない超富裕層をターゲットにして作られた数千万〜一億円を超える高級品である。

一般人にはなかなか手が届かない商品であり、購入するだけで成功者の証となり非常に高いステータスを手に入れることができる。

②デザイン性がある

20世紀初頭に流行したスタイルでありひと昔前のデザインだ、値段の割におもちゃっぽいデザインだという口コミがある。

しかし、奇抜で独創的なデザインが多くユニークなデザインが世界を代表するスポーツ選手や芸能人、社長、セレブリティーの心を掴み愛用されている。

③最高の素材を使用している

デザイン性が高く値段が高いだけでは?と思われるが、航空機体やF1の車体に使われている素材が使われていたり、ネジや歯車といった内部パーツは、普通なら使用しないグレード5なチタンやカーボンを使っている。

細かい部品まで隅々まで全てこだわり抜いた素材を使用している。

④最高の品質である

莫大な資金を時計製造に費やし、超精密で複雑な機械式腕時計は作られている低負荷、軽量で、尚且つ投げても壊れないと異名をもつほど丈夫な作りである。

つけ心地、使用感共に最上級である。

⑤生産本数が少ない

多品種少量生産で限定生産モデルが多数ある。生産本数が少なく、高額であることにより希少性が高く手に入りにくい。そのためコレクターにも人気である。

レア度を高めるための販売戦略ではなく、こだわりが強く4〜5年の製造期間を要したものもあり製造数が増やせないというところも魅力がある。

⑥人、場所を選ぶ

シンプルな服装でもきちんとした服装でも時計だけがういた状態であるとダサいという印象を受けてしまう。

また、デザイン性があるため日本のビジネスシーンなどには向かないと言える。

時計のデザインを生かしたコーディネートが難しいのでつける人は時計に負けないファッションセンスが必要であると考える。

⑦芸能人やスポーツ選手が愛用

プロのスポーツ選手がスポーツ中に時計をつけたまま参戦している。軽量で頑丈だからこそできることだ。

芸能人や世界で活躍する成功者も愛用している。憧れから真似をして購入する人もいるようだ。

リシャールミルの口コミ

デザイン性はあるけど今はシンプルな時計が多いので、一昔前なデザインに感じてしまうブランドだと思います。

時計の盤面が大きいものは、ファッションに合わせづらいと考えている。

色の使い方が、少しうるさいので、落ち着いた服には合わない。

サラリーマンの男性がこれをつけていると自己主張が激しいなと感じます。見合う人ならいいと思います。

ラグジュアリーブランドとして有名ですが、デザインはクセがあるもののトータルコーディネート次第でどちらにも傾く

リシャール・ミルともなると付ける人を選ぶと思います。ともすると時計が目立ってしまい成金に見えてしまいそうです。

高級な時計であり持っている人はそれだけでお金持ちであり、さらにおしゃれにも気を遣っている紳士に感じるから。

めちゃくちゃおしゃれだと思います。デザインもいろいろありますし、カラーバリエーションも多いです。が、高くて買えないです

リシャール・ミルという時計はあの時計を手にもってみてあの軽さと腕に乗せた時のフィット感はそれを付けたことのある人しか味わえないから。

少しきらびやかな印象だったので、真面目な場面につけていくとダサくなってしまう可能性がある

高い技術力とデザイン性、素材へのこだわり全てが最高級である。革新性のある先進的な時計だ。

時計が超一流であるためもつ人のファッションや雰囲気、センスなど身の丈に合わない人が使用している場合にダサいと言われることがあるようだ。

こだわり抜いたユニークで独創的な時計は存在感がありシンプルさを好む人にも向かない。

しかし、一目でリシャールミルだとわかり、大抵の人には手が届かないため羨望の眼差しを向けられることは間違いない。