パリミキは高くない!7の理由と口コミ

パリミキ

出典:メガネのパリミキ | 眼鏡(めがね)でお客様の未来を

スポンサーリンク

パリミキは高くない理由

①地域に合わせた店舗

パリミキが高価であるとの印象は、その独自性とカスタマイズに注力するビジネスモデルから来ているかもしれません。

特に、地域ごとに異なる顧客のニーズに合わせて店舗をカスタマイズする戦略は、一見、高コストな取り組みと捉えられがちです。

例えば、東京の渋谷店をアメリカ50年代の雰囲気に一新するなど、特定のテーマに基づいた店舗デザインは、通常のチェーン店に比べてより多くの投資を要すると考えられます。

しかし、このような地域に根ざしたカスタマイズ戦略は、実はパリミキの価格を抑える要因にもなっています。

地域のお客様のニーズに合わせたサービス提供は顧客満足度を高め、リピート顧客を増やすことに直結します。

顧客ロイヤルティの向上は、長期的な視点で見るとマーケティングコストの削減につながり、結果的に製品価格の抑制に寄与しているのです。

さらに、店舗ごとの特色あるカスタマイズは、他の競合との差別化を実現し、ブランド価値を高めることで、業績の向上を実現しています。

従って、パリミキの戦略は、短期的にはコストがかかるように見えても、長期的にはコスト効率の良い運営につながり、結果的に顧客にとって価値あるサービスを手頃な価格で提供していると言えます。

②継続的な技術革新

最新技術の導入による製造コストの増加は、一見すると眼鏡の価格を押し上げる主要な要因のように思えます。

この技術革新は、製品をより高機能化し、消費者の多様なニーズに応えることを可能にしますが、同時に高度な素材やプロセスが必要とされ、結果としてコストが上昇します。

しかし、パリミキはこの課題を独自の戦略で克服しています。具体的には、継続的な技術革新への投資を通じて、製造コストを最小限に抑えることに成功しているのです。

このようなアプローチにより、最新機能を備えた高品質な眼鏡を、消費者が手頃な価格で購入できるようにしています。

パリミキのこの戦略は、最新技術を採用しつつも価格を抑制する方法を見出していることを示しており、その結果、消費者にとって最適な価値を提供しています。

③製品の質と提供するサービスの高さ

市場には多くの高級ブランドが存在し、その名声に応じたプレミアムが価格に反映されることが一般的です。

このようなブランド価値による加算は、消費者が実際の品質以上に高価な費用を支払う主因となり得ます。

しかし、パリミキはこの慣習に異を唱えます。

パリミキは、高額なブランドプレミアムを排除し、その代わりに製品の質と提供するサービスの高さで真の価値を提供することに重点を置いていることが随所に見られます。

例としては、PARIS MIKI MADE IN JAPAN プロジェクトや補聴器のレンタルサービスがあります。

パリミキはこの方針を通じて、価格と品質のバランスを取り、消費者に対して納得のいく価値を提供しているのです。

④スタッフの教育

専門家によるカスタマイズサービスやアフターケアは一見、眼鏡の価格を押し上げる要因に見えます。

これらのサービスは、専門的な技術と時間を必要とするため、コスト増加の一因となりがちです。

しかし、パリミキはスタッフに対して高度なトレーニングを施し、効率的かつ正確なサービスの提供を可能にし、対応しています。

このような効率化は、サービスの質を落とすことなくコストを削減し、結果として顧客にとって価格を抑えることに成功しています。

さらに、この高品質なサービスは顧客満足度を高め、長期的な顧客関係を築くことに貢献しています。

つまり、パリミキは質の高いカスタマイズとアフターケアを提供しながらも、そのコストを最小限に抑えることで、高品質ながら手頃な価格の眼鏡を提供しているのです。

⑤効率的な店舗運営とデジタル販売戦略

一般的に、眼鏡店の物理店舗の賃貸料や維持費は、商品の最終価格に大きく影響します。

このため、消費者はしばしば、高品質な眼鏡の価格が不必要に高いと感じることがあります。

しかし、パリミキはこの問題に対して革新的なアプローチを取っています。

同社は、効率的な店舗運営を心掛け、さらにオンラインとオフラインの販売戦略を巧みに組み合わせることで、賃貸料や維持費の負担を最小限に抑えています。

この戦略により、パリミキは高品質な眼鏡をより手頃な価格で提供することができるのです。

つまり、顧客はパリミキで質の高い眼鏡を、市場の他の競合店と比較しても適正価格で購入できるというわけです。

このように、パリミキはコストを抑えつつも顧客満足を維持することに成功しており、その結果、高いという印象に反して、実は価格が高くない理由を明確に示しています。

⑥大胆なブランド転換

広範囲にわたるマーケティング活動は一般に高額な費用がかかり、製品価格の上昇に直結することがあります。

しかし、パリミキはこの問題に対し、ユニークな解決策を採用しています。

特に、エンターテインメントを軸にした大胆なブランド転換を行い、渋谷店では5年間で売り上げを2.5倍に増やすという顕著な成功を収めました。

この戦略は、従来の広告に頼らず、顧客体験を重視することでブランドの魅力を高め、口コミやSNSを通じた自然な拡散を促進すると考えられます。

このアプローチにより、パリミキは高額なマーケティング費用を削減しつつ、ブランド認知度を高め、顧客を引きつけることに成功しています。

結果として、パリミキは高品質な商品を手頃な価格で提供し続けることが可能になり、価格が高いという誤解を解消しています。

⑦自社製品の直販モデル

眼鏡業界では、小売業者が製品価格にマージンを上乗せすることは一般的な実践です。

これは、商品が製造業者から消費者の手に渡るまでの複数の流通段階で、それぞれの業者が利益を得るために行われます。

このプロセスは、最終的な製品の価格を上昇させる主要な要因の一つです。

しかし、パリミキはこの一般的な流れを断ち切るアプローチを採用しています。

具体的には、パリミキは自社製品の直販モデルを採用し、製造から販売までのプロセスを内製化しています。

これにより、中間マージンが発生することなく、製品が直接消費者に届けられます。

結果として、パリミキは高品質な眼鏡を市場の平均価格よりも低く提供することが可能となり、価格が高いという一般的な認識を覆しています。

この直販モデルは、パリミキが顧客に対してコストパフォーマンスに優れた製品を提供し続けることを可能にし、価格に関する誤解を解消しています。

パリミキの口コミ

眼鏡のパリミキ本気で眼鏡作ってるけど値段も本気すぎて買えねぇよ

メガネ買うなら、イーアスのパリミキおすすめ。店長さん(美人!)が手話応対してくれます。値段の高さに躊躇しているところを手話で話しかけられ、そのまま購入へ。

ただ今、
パリミキがら帰宅ん
フレームは
そのままで
レンズだけ
交換して来たよん♪♪
自分には
値段が高いわ

パリミキ謎に値段高いwww

パリミキは高いです。俺のメガネは、
パリミキです^^

小学生から眼鏡使ってたのにコーティング剥がれに一度も遭遇したことないので、和真とパリミキみたいないい値段するころのやつは値段なりにいい加工してるってことなんだな

眼鏡でも値段の基準点がzoff,JINSになっていて眼鏡市場やパリミキですら高級扱いされる風潮はおかしい
本来はあれくらいの価格の物なんだから

OAKLEYのメガネ探してパリミキとかポーカーフェイスとか回ったけどパリミキになりそうだなー
値段的にも接客的にも

スポーツグラス、ジンズに持ってったらレンズの作製拒否されて、
パリミキに持ってったら何事もなく受け付けてくれた。
値段もそんなに変わらなかったし。

パリミキ、売ってる眼鏡の質がよくてレンズの値段も手頃でおすすめ意外とこの2つの組み合わせがない

質が高いという意見が大半でした。値段が高いという意見もちらほらありましたが、コストパフォーマンスを見れば、適正価格と言える意見が多いですね。

パリミキの眼鏡が市場における他の選択肢と比べて価格が高い点は確かに認識されています。この価格設定は、一見すると消費者にとって大きな障壁になり得ます。

しかし、この価格差には納得のいく理由が存在し、実際にはパリミキの提供する価値とサービスを考慮すれば、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

パリミキでは、最先端の技術を用いた高品質なレンズや、耐久性に優れたフレームの提供に重点を置いています。これらは、長期的に見れば、頻繁に交換する必要が少なくなるため、結果としてコスト削減に繋がります。

このように、パリミキの眼鏡は初期投資は高いものの、長期にわたってその価値を維持し、顧客の生活の質の向上に寄与する製品であるため、価格だけでなく提供される価値全体を考慮すると、実際には非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

したがって、パリミキの製品は、価格に見合った、あるいはそれ以上の価値を顧客に提供しているのです。